腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁とは

重い荷物を持った時、急に立ち上がった時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入ったときに尿がもれてしまうのが腹圧性尿失禁です。
女性の4割を超える方々(2000万人以上)が悩んでいるといわれています。
 

症状

お腹に力が入る動作(くしゃみや咳をする、大声を出す、笑う、重い荷物を持つ、階段を昇り降りするなど)で思わず尿が漏れてしまうのが腹圧性尿失禁です。
ひどくなると日常的な動作(歩いたり立っているだけ)の中でも漏れてしまうことがあります。
 

原因

加齢や出産を契機に出現しやすく、骨盤底筋群という尿道括約筋を含んだ筋肉が緩むため
におこります。このため、腹圧性尿失禁は、中年以降の女性がなりやすいものです。
尿道をしめると同時に膀胱などの臓器を支えている骨盤底筋という筋肉が、肥満や妊娠による加重や、加齢によって弾力性を失いゆるむために、尿が出やすい状態となります。
そこに腹圧がかかることで漏れが生じます。
腹圧性尿失禁では膀胱自体には異常がないので、骨盤底筋を鍛えることで症状は改善します。

関連記事

  1. 前立腺がん

  2. 膀胱炎

  3. 前立腺肥大症

  4. 頻尿

  5. 尿道狭窄

  6. 尿管結石症

泌尿器科でよくある症状

検査・手術

検診の設備について

検診・予防接種・他院紹介

交通アクセス

院内フロア図

院長よりご挨拶

当院の概要

問診表

再受診される方へ

PAGE TOP